自己破産―メリットとデメリット

家テレビなどでは、だれだれが「破産」した、というような言葉を良く耳にします。ああ、なんとなく多額の借金を背負ってしまったんだな、ということは分かるかもしれませんが、詳しいことについてはまだ知らない、という方も多いでしょう。この『(自己)破産』とは、個人などが特定の対象から融資した多額の借金が、返済不可能となってしまったときに、それを全額免除してくれる制度です。では、借金が多額になったらこの手続きを行えば良いのでしょうか。いいえ、自己破産には、いくつものデメリットが付きまといます。まず、いわゆる信用情報が、長期間に亘り『ブラック』となります。いわゆる、借り入れやローンの組み立てなどができなくなるのです。また、自己破産の場合は、価値のある資産を没収されることになります。それには、車や自宅なども含まれるかもしれません。借金が免除される代わりに、高価な資産は失うことになるのです。

多額の借金を負った負債者を救済するための措置とは言え、それを施行するのはできるだけ避けたい、と言わざるをえません。しかし逆に言えば、もう借金問題に関してはどうしようもない、と思っている人に対しては、その人を助けるための確実な方法となります。

借金問題と過払い金

飛んでいくお金あなたは、現在何らかの借金を抱えておられますか?多くの方がこの問題を抱えている中、それをどのように無くすことができるだろうと、日々悩んでおられます。目的のある借金をした場合は、別です。たとえば車の購入のためのローンや、マイホーム建設のためのローン、そういった目的のある借金は確実に返済予定を立ててそれ通りに返済して行けば、通常は返済に困ることはありません。しかし、そうでない場合の借金…自分の金銭管理がおろそかになってしまった場合による借金は、解決するのが難しい場合があります。ローンサービスが発展して現代ではどこにいてもインターネット経由でカードローンなどが利用できるようになりました。

それは便利なサービスですが、ある意味で使いすぎてしまう原因となっています。いわゆる『借りすぎ』という状態は、自分でも気付かないうちに、そうなってしまっていることがあるのです。ですから、私達は自分がもし借金をするとしても、どのように返済するか、それをどのように運用して行くか、ということなどに関して、一番最初に考えていかなければならないのです

もし多額の借金を背負ってしまった場合に、私達にはいくつかの選択肢があります。過払い、というものについても考えられます。それらの選択肢一つ一つを考えながら、どのような方法がベストであるか、という点を考えていきましょう。間違っても、自分の命を捨てるなどという方法に至らないように、できることを行って、借金返済のための道筋を立ててみましょう。